秋が深まり、読書に励む毎日

私は読書に集中しています

秋が深まり、徐々に冬が近づいています。
この時期、私は読書に集中しています。

私はジャンルを問わず、さまざまな本を読むのが好きです。
時代小説やエッセイ、SFや恋愛ものなど、興味を惹かれたものは積極的に読破します。

とりわけ好きなのは、ミステリー小説です。
この分野には多くの人気作家がいて、いろいろなトリックを駆使し、読者を楽しませてくれます。
読み進めながら、謎を解こうと頭をフル回転させるところが、ミステリー小説の醍醐味です。

また、張り巡らされた伏線や、登場人物の言動を楽しめるのも、大きな魅力です。
しかし、たいていの場合は、作者の術中にはまってしまいます。

最後まで真犯人を指摘できない時は、ちょっと悔しいものです。
その一方で、作者の力量に感服するのです。

最近は、文庫本で五冊にもわたる大長編を読み始めました。
スリルある展開を楽しみながら、じっくりとストーリーを追っています。

そして、今後読むために積んである本もたくさんあります。
時間を見つけて、小説世界に浸りたいと思っています。

ホストがタクシードライバーを暴行

世の中には絶対にやってはいけないことがあります。
それは無力な子供や年寄りに暴力を振るうことです。
女に暴力を振るうのはいけませんが、子供・老人でなければ女相手だって時には力が必要になると思っているのです。

それはさておき、どこぞのバカなホストがタクシードライバーのおじいさんに暴力を振るい、あまつさえ部下にその模様を動画撮影させて、ついには動画サイトに掲載をしたというのです。
わからん。わからんです。
百歩譲って、色々とあってタクシードライバーのおじいさんに暴力を振るったとしましょう。

なぜそれを撮影して、動画サイトに掲載したのでしょう。
犯罪をひけらかすようなものじゃないですか。

テレビのニュースで数え切れないくらいの悪人を見てきましたけど、今回の犯人ほど間抜けで意味不明な奴も珍しいです。
これを面白いと思ったのでしょうか。

まだ十代後半のガキならわかるけど、犯人は三十代後半。
何をやっとるんだって話ですよね。